体験告白 -アダルト版-

大人の体験談

同僚友人

椅子に座らせて、ズホンとパンツを脱ぐように言い

ほぼ同時期に入社した5歳年下の男の子・池田君は、初めての就職で、未経験なことばかりのため、私が指導役で、仕事を教えることに。彼はマジメなため「早く仕事を覚えたい」と、二人で残業になることもたびたびありました。
そんなある週末の日の事、残業中、たまたまTVをつけたままにしていたら、バラエティ番組の中からから聞こえてきたのは、お笑いタレントの「包茎」の話で、手術をしたとか、その結果どうなって、Hの時も自信がでてきたとか…。

…………

その内容に、私が笑いながら「男の子は大変ね~」と彼に声をかけると、
彼は、顔を真っ赤にしてうつむいていました。
私は、ひょっとしてと思い、多少のいたずら心から、
「ねぇねぇ池田君は大丈夫なんでしょう?」と聞くと、彼は少しモジモジしながら、
「いや、実は僕もそう(包茎)なんですよ」と、なんとあっさり告白。
それからは仕事そっちのけで、色々と彼の身の上話を聞くことになりました。

彼の話では、今まで女の子とつきあったことがなく、しかも童貞くん。
幼い時から母子家庭で、女性に対する免疫がまるで無く育ったとのことでした。
また友達関係もマジメな子が多く、おちんちんのことは勿論、
性の知識もあまりなかったようです。
そこへいくと私は、その時こそ彼氏はいませんでしたが男性経験もそこそこあり、
事務系のOLをする前は、保育士の資格を取り、2年間の保母さんの経験もあるた
め、男の子のおちんちんについての知識や対処法とかも習っていたのです。

真性包茎と仮性包茎の違いについてや、
「子供のうちに皮を剥いておくといいんだよ」とか、
「毎日お風呂に入った時に剥くといいよ」とか、
いかにも専門家のように教えると、彼は、何度か試そうと思ったけど、痛くて、
怖くなってできなかったとのこと。
私は「それは真性包茎かもしれないから、保険がきくので手術したら」と言うと、
「何か痛みを感じると、怖くなっちゃうんですよ」と言うので、
その姿があまりにも可愛くなってしまいました。

冗談交じりに
「じゃあ私が見てみようか?」と言うと、なんと彼は素直にうなづきました。
思ってもみなかった展開になり、私は、化粧落としのコットンパフと
濡れタオルを用意して、彼を会議室に連れて行くと、
椅子に座らせて、ズホンとパンツを脱ぐように言いました。
そして私はその前にしゃがみ、彼のおちんちんを見ると、
小さく垂れ下がった彼のおちんちんは、すっかり皮に包まれていて、
私が保母の時に見た子供のようなおちんちんでした。

それを手に取りコットンで拭くと、そっと根元の方に引っ張ってみました。
彼は「痛い!」と言ったのですが、私は「ちょっと我慢して!」と
かまわずにグッと力を入れると、クルンと亀頭が顔を出しました。
しかしその亀頭には、臭いのきつい垢がビッシリと付いていて、
私は「ほらこれが何年か分の垢だよ」と言い、
コットンと濡れタオルで擦り取ろうとしたのですが、
あまりにも彼が痛がり、そんな程度ではとても取れそうもなかったため、
彼をそこに残して、お湯に浸したタオルを用意して戻ってきました。

そしてそのタオルで垢を蒸らし、なんとか擦り取るように垢を拭き取ると、
きれいになった彼のおちんちんはムクムクと頭を持ち上げてきました。
私は、「ほらきれいになったから、元気良くなったよ!」と言うと、
「すいません、ありがとうございます」と言う彼はもう涙目でした。
私は何か嬉しさを感じていたのですが、
それ以上に、目の前の大きくなったおちんちんに興奮して、
「ねぇ立派になったついでに、もっと気持ち良くしてあげようか?」と言いながら、
下半身を出したままの彼を会議テーブルに寝かせました。

ここまでくると彼はもう私のいいなりです。
私は、ズボンとパンツを足から引き抜き、ワイシャツのボタンをはずし、
下着のTシャツを捲り上げ、彼の下半身を完全に裸にしました。
もう私の頭の中にも会社内だという意識がなかったのでしょう。
きれいになったおちんちんを握り締め、軽くしごくと、すぐにビクビクとなり、
彼の「あーっ」と言う声と共に白い液が飛び散りました。

私はその飛び散った液をタオルできれいに拭き取ると、
急いでストッキングとショーツを脱ぎ、
まだまだ萎えきらない彼のおちんちんを口にくわえ、再びビンビンにさせると
彼にまたがり、ゆっくり腰を下ろして…。

結局それでおさまらなかった私は、その後すぐ、会社の近くのホテルをとり、
朝まで、童貞くんを賞味させていただきました。
彼とはそれ以来、会社には内緒で、週一ペースで楽しませてもらっています。
童貞くんって、従順だし、私の言うことをすべてきいてくれるので、
本当に可愛いなぁと思います。

バスガイドと運転手

観光バスの運転手してるけど、ゴムは必携。
最近だと、一昨日に25歳の娘とした。
ガイドも年代広く、下は19歳から上は50歳前までいる。
俺の年代からすれば上は40歳まで守備範囲だな。
その日の客は、日帰り研修ご一行様。



行きから酒を飲んでてガイドにセクハラ発言ばっかしてんのよ。
そんで最初の目的地について、客が昼飯~研修~観光~土産購入で夕方まで離れたのね。
俺らは弁当とお茶を渡されて、離れた駐車場で時間になるまで待機してたんだけど、ガイドと客の話をしてたのよ。
 

俺「さっきの親父凄かったな」

ガイド「ジジイだから立たないのよw」

俺「立ってたらどうすんの?」

ガイド「やだぁー、油ギッシュは嫌い」

俺「ん、石川(ガイドの仮名)は顔が幼く見えるから刺激しちゃうんだよ」

ガイド「今25だけど、普通に高校生に見られるからね」

俺「俺も刺激されたてたりしてな(笑)」

ガイド「悪ふざけしないでよ~」

俺「石川みたいな娘とあれしたら持たないだろうな」

ガイド「もぉ~やめてぇ(笑)」

そのまま彼女は車内のゴミ拾いやシートの汚れをチェックするのに、一番後ろのコの字になってるサロンに歩いてったんだ。
俺も手伝うふりしてチャンスを窺っていた。
彼女がコの字の角に落ちてるゴミを、シートに寝転んで腕を入れて拾ってるとき、たまたまスカートの中が見えた。
下着は紫っぽかった。
そこで声を掛けたわけさ。

俺「拾えてるか?」

慌ててスカートを手で抑える彼女。

ガイド「ちょっとぉ!こっち来ないでよ~」

俺「俺もお前みたいな奴と結婚すれば良かったな・・・」

ガイド「◯◯さん、奥さんも子供もいるじゃないよ」

俺「ちょっと僻んだだけだよ」

ガイド「奥さんに言いつけるよ~(笑)」

俺「一度でいいから石川としてみたいな」

ここで反応見るんだよ。
驚いたり動揺したりする態度をしたら、あと一押ししちゃえば出来る。
彼女は笑いながらも驚いてた。

ガイド「それってどういう意味ですか~?」

俺「だから石川とエッチしたいんだよ」

ガイド「そんなに私って男の人を刺激しちゃうのかなぁ」

俺「もう十分に刺激されてるけど」(自分の股間を指差して)

ここで彼女の隣に座ってマジな顔して、ジッと見つめて黙ってみる。
相手も黙ったり目を瞑ればそのままセックスに持ち込む。
彼女は黙りこんだ。
彼女に顔を近づける。
2人の呼吸が分かるまで近づけると目を閉じたのでキスをする。
シートに寝かしてもう一度キスする。
この時点で俺の手は彼女の胸。
軽く揉む。
外からは見えないので、制服を脱がせてYシャツのボタンを外してブラを捲りあげる。
ゆっくり愛撫してる余裕がないのでいきなり胸に吸い付く。

ガイド「んふっ・・・」

彼女の手はだらんとして、上を向いたまま目を開けてる。
そこそこ舐めたらスカートを上げて直にマンコに手を入れる。
十分にネトネトしてるので脱がす。
俺もシートにうつ伏せになって、吸い付いては離れるようにクンニする。

俺「ブチュ」

ガイド「あぁぁん・・」

一旦彼女から離れて俺は下を一気に脱ぐ。
ここでも反応見るんだ。
チンポを持ってそのまま入れようとする。
「ゴムして」とか「着けて」とか言えばゴムをはめる。
しかし、何も言わない場合は入れる直前に聞く。

俺「生だけど大丈夫?」

女によって、頷いたり「うん」とか返事したり様々。

石川はただ頷いただけ。
彼女の割れ目に沿ってチンポを上下させて彼女の液で濡らし、そして挿入する。

ガイド「うぅぅ・・・あん」

彼女の上に倒れこんで正常位で突く。

ガイド「あぅ・・・あぁ・・・あんっ」

突く度に彼女から声が漏れる。
そしてイク時に聞くんだ。

俺「石川の中は最高だな・・・中で出しても大丈夫?」

ガイド「大丈夫だと思う・・・あっあっ・・・出して・・」

心配だったけど、俺も限界だったので思いっきり奥で出す。

俺「ふぅふぅ・・・」

ガイド「はぁはぁ」

2人の声だけが車内に響く。
しばらくして彼女から抜ける。
クチャ・・・トロトロ・・・と俺のザーメンが溢れ出す。
客が持ち込んだティッシュで彼女のアソコを拭くが、シートには俺のザーメンが点々と散らばってる。
彼女がティッシュを抑えたまま起き上がる。

ガイド「◯◯さんとしちゃった・・」

俺「石川・・・俺、妻も子供もいるけど、お前を好きになりそうだよ」

ガイド「ダメよ、奥さんいるじゃない・・・」

俺「だよな・・・でもまたお前としたいよ」

ガイド「私も◯◯さんは好きだけど、彼氏いるからなぁ・・」

俺「2人だけの秘密にするしかないよな」

ガイド「今度休みの時に会って話そう」

俺「そうだな」

今、こんな状態で同僚として・・そして割り切った関係で付き合ってる。
セフレ感覚だよな。
つか、石川1人だけじゃないんだ。
今は3人と付き合ってる。
夫子持ち、彼氏持ちとな。
フリーだと本気になられるから手は出してない。

しゃがみ、彼のおちんちんを見ると

ほぼ同時期に入社した5歳年下の男の子・池田君は、初めての就職で、未経験なことばかりのため、私が指導役で、仕事を教えることに。彼はマジメなため「早く仕事を覚えたい」と、二人で残業になることもたびたびありました。
そんなある週末の日の事、残業中、たまたまTVをつけたままにしていたら、バラエティ番組の中からから聞こえてきたのは、お笑いタレントの「包茎」の話で、手術をしたとか、その結果どうなって、Hの時も自信がでてきたとか…。

…………

その内容に、私が笑いながら「男の子は大変ね~」と彼に声をかけると、
彼は、顔を真っ赤にしてうつむいていました。
私は、ひょっとしてと思い、多少のいたずら心から、
「ねぇねぇ池田君は大丈夫なんでしょう?」と聞くと、彼は少しモジモジしながら、
「いや、実は僕もそう(包茎)なんですよ」と、なんとあっさり告白。
それからは仕事そっちのけで、色々と彼の身の上話を聞くことになりました。

彼の話では、今まで女の子とつきあったことがなく、しかも童貞くん。
幼い時から母子家庭で、女性に対する免疫がまるで無く育ったとのことでした。
また友達関係もマジメな子が多く、おちんちんのことは勿論、
性の知識もあまりなかったようです。
そこへいくと私は、その時こそ彼氏はいませんでしたが男性経験もそこそこあり、
事務系のOLをする前は、保育士の資格を取り、2年間の保母さんの経験もあるた
め、男の子のおちんちんについての知識や対処法とかも習っていたのです。

真性包茎と仮性包茎の違いについてや、
「子供のうちに皮を剥いておくといいんだよ」とか、
「毎日お風呂に入った時に剥くといいよ」とか、
いかにも専門家のように教えると、彼は、何度か試そうと思ったけど、痛くて、
怖くなってできなかったとのこと。
私は「それは真性包茎かもしれないから、保険がきくので手術したら」と言うと、
「何か痛みを感じると、怖くなっちゃうんですよ」と言うので、
その姿があまりにも可愛くなってしまいました。

冗談交じりに
「じゃあ私が見てみようか?」と言うと、なんと彼は素直にうなづきました。
思ってもみなかった展開になり、私は、化粧落としのコットンパフと
濡れタオルを用意して、彼を会議室に連れて行くと、
椅子に座らせて、ズホンとパンツを脱ぐように言いました。
そして私はその前にしゃがみ、彼のおちんちんを見ると、
小さく垂れ下がった彼のおちんちんは、すっかり皮に包まれていて、
私が保母の時に見た子供のようなおちんちんでした。

それを手に取りコットンで拭くと、そっと根元の方に引っ張ってみました。
彼は「痛い!」と言ったのですが、私は「ちょっと我慢して!」と
かまわずにグッと力を入れると、クルンと亀頭が顔を出しました。
しかしその亀頭には、臭いのきつい垢がビッシリと付いていて、
私は「ほらこれが何年か分の垢だよ」と言い、
コットンと濡れタオルで擦り取ろうとしたのですが、
あまりにも彼が痛がり、そんな程度ではとても取れそうもなかったため、
彼をそこに残して、お湯に浸したタオルを用意して戻ってきました。

そしてそのタオルで垢を蒸らし、なんとか擦り取るように垢を拭き取ると、
きれいになった彼のおちんちんはムクムクと頭を持ち上げてきました。
私は、「ほらきれいになったから、元気良くなったよ!」と言うと、
「すいません、ありがとうございます」と言う彼はもう涙目でした。
私は何か嬉しさを感じていたのですが、
それ以上に、目の前の大きくなったおちんちんに興奮して、
「ねぇ立派になったついでに、もっと気持ち良くしてあげようか?」と言いながら、
下半身を出したままの彼を会議テーブルに寝かせました。

ここまでくると彼はもう私のいいなりです。
私は、ズボンとパンツを足から引き抜き、ワイシャツのボタンをはずし、
下着のTシャツを捲り上げ、彼の下半身を完全に裸にしました。
もう私の頭の中にも会社内だという意識がなかったのでしょう。
きれいになったおちんちんを握り締め、軽くしごくと、すぐにビクビクとなり、
彼の「あーっ」と言う声と共に白い液が飛び散りました。

私はその飛び散った液をタオルできれいに拭き取ると、
急いでストッキングとショーツを脱ぎ、
まだまだ萎えきらない彼のおちんちんを口にくわえ、再びビンビンにさせると
彼にまたがり、ゆっくり腰を下ろして…。

結局それでおさまらなかった私は、その後すぐ、会社の近くのホテルをとり、
朝まで、童貞くんを賞味させていただきました。
彼とはそれ以来、会社には内緒で、週一ペースで楽しませてもらっています。
童貞くんって、従順だし、私の言うことをすべてきいてくれるので、
本当に可愛いなぁと思います。
最新記事
 
Twitter
えっちな話大好き
読者登録
  • ライブドアブログ