体験告白 -アダルト版-

大人の体験談

犯され

丸みのあるおっぱいの形の

中3の夏、家を一部改装(今でいうリフォーム)する事になって、母と弟と一緒に夏休みの殆どを田舎で過ごした事があった。

当時母の実家の周りは田んぼと山以外何もない田舎で、もちろんネットもなければ携帯電話・携帯ゲームもなかった。

なので受験勉強や自然探検したりして暇潰しをするしかなかった。

最初は弟と周囲を探検したりしてたが、小学校低学年の弟はどんどん友達を作っていったので、すぐに自分一人で暇を持て余すようになった。

母はそんな自分に気を使ってくれたのか、母の実家の隣の娘(高校3年)の麻美さんが勉強を見に来てくれるようになった。

麻美さんは声が小さくて内気な感じの人で、お互い気恥ずかしくて最初は会話もほとんどなかったけれど、僕が気恥ずかしくなったのは、麻美さんの胸とお尻がやたら大きくて、目のやりどころに困っていたからでもあった。

ややぽっちゃりではあったけれど特に胸の突き出し方は尋常じゃなく、歩くだけで上下に弾んでいたほどで、手元にエロ本もない生活をしていた思春期真っ盛りの自分には目の毒すぎた。

それでも少しでも長くその身体を見ていたくて、自分から隣の家を訪ねて毎日勉強しに行くような感じになってしまった。

周りから見れば変だったかもしれないが、その時の自分は毎日少しずつ麻美さんと話が出来るようになったり、身体の線が出る服や胸の開いたTシャツ姿の麻美さんを目に焼き付けてオナニーする事に夢中になってしまっていた。

麻美さんの家が、昼間は麻美さん以外の人が出かけて2人きりになれるというのも自分には大きなポイントだった。

夜の麻美さんは風呂上がりには薄いブラに寝間着の裾の長いTシャツだけの姿になり、胸のほぼ生に近い形や揺れ方が見れたり何とも言えない良い匂いがしたりするので、母が怒って呼びに来るまで一緒にいる事もあった。

毎日一緒にいて周りの大人に

「頼もしいボディガードだね」

等とからかわれていたので、下心なんかも見透かされていたんだろうし、、麻美さんも身体を凝視されてる事くらい気付いていただろうけど、ずっと優しく接してくれていた。

ある日弟に遊びに誘われ、さすがに毎日毎日麻美さんを訪ねるのも悪いと思った自分はついていく事にした。

そこで思った以上に大人数の地元の子供達に混ざって遊ぶ事になり、知ってる子もいない自分は浮いてしまって隅で弟の様子を見ているだけになってしまった。

しばらくすると、同じ歳くらいの数人が通りがかって近寄ってきた。

「どこからきた?」

「引っ越してきたのか?」

など質問され、彼らがヤンキーぽいのもあってビビリながら答えているとなぜか気に入られてしまって、リーダー格のマサの家に引っ張り込まれた。

そこで酒やタバコを勧められ、自分が断ると爆笑が起こる…というパターンで散々からかわれ、日が沈みきった頃にようやく帰る事が出来た。

それで外に遊びに行くのは懲りてしまい、また麻美さんを訪ねる日々に戻った。

8月も半分を過ぎた頃、麻美さんと一緒にバスで買い物に行く事になった。

勝手にデート気分になって買い物した帰り、途中でマサが1人でバスに乗ってきた。

バスが空いていたのもあってマサも近くに座り、話しかけてきた。

デート気分を台無しにされただけでなく、話はすぐに麻美さんの身体をネタにした事になり、

「1度でいいからやらせてくれよ」

「乳だけでも吸わせてくれよ」

「お前らできてるんだろ、俺も混ぜろ」

などと大声で楽しそうに言うマサに、僕も麻美さんも恥ずかしくて何も言えなくなってしまった。

バスを降りてもマサは着いてきて、麻美さんに的を絞っていろいろと下ネタを言ったり誘いをかけていた。

マサは見た目こそ怖かったが、話を聞いているとただの人懐っこいお調子者という感じで、エロネタを振られて困る麻美さんの様子を見ていつのまにか自分もこっそり一緒に楽しんでしまっていた。

マサは家の前までついてきたが

「いつの間にかこんなとこまで来ちまった」

と笑いながらあっさり帰ってくれたので、それまでエロトークと歩いて揺れる麻美さんのおっぱいで興奮していた自分もすぐに母の実家に帰った。

興奮したまま戻っていつも以上に興奮したオナニーで2回ほど抜くと、時計を見ていつもよりかなり早い時間に麻美さんと別れてしまった事に気付いた。

分からない問題があるから教えてくれと行けば教えてもらえるだろうし、寝間着の上からのおっぱいを正面から見て、帰ってからもう1度オナニーするというアイデアが浮かんで、教科書とノートと鉛筆を片手にダッシュで隣に向かった。

いつものように勝手に隣の家の戸を開けると、奥から男の声が聞こえた気がした。

靴は麻美さんのしかないので、家族が帰ったりお客さんが来ている様子はない。

ずっと一緒にいたけど、美さんに男友達や彼氏がいる様子もなかったので、僕は何だろうと思い、様子を見ようと気配を消しながら家に上がった。

脱衣所のほうから物音がしたので、わざと遠回りで近づいてフスマ越しに覗いてみた。

すると、全裸の麻美さんにマサも全裸でのしかかって激しく動いていた。

まっ白くて丸みのある麻美さんの裸の上に、細くて黒くて筋肉で引き締まったマサの裸ががっちりくっついていて、麻美さんのおっぱいは少し横に広がったまん丸のままタプンタプンと揺れまくっていた。

僕は状況を理解するより、麻美さんの凄く薄い色の乳輪や意外と大きくてぴんと立っている乳首、濃い陰毛の中に赤っぽい裂け目があってマサの黒いちんぽが入っている様子などを凝視するだけだった。

マサは麻美さんの口に当てていた手を外して両手でおっぱいをめちゃめちゃに潰すように揉み出すと、腰だけをゆっくり動かし出した。

麻美さんは腕で顔を隠してしまって表情は分からないが、だんだん息が荒くなっていくのがこっちにも聞こえてきて、いつの間にか僕は服の上からシコっていた。

そのうちマサが麻美さんを抱きしめて無理矢理キスをして、そのまま腰を激しく動かしてぐちゅぐちゅと音がして、ビクビクと射精したような動きの後も、じっと麻美さんを抱きしめていた。

僕もその場から動けず、興奮だか恐怖だか分からないけど心臓が口から飛び出るくらいドキドキしていた。

マサがまた動き出したので、さっきよりも見えにくいけど自分も見つかりにくいと思う角度から見ると、マサが麻美さんのあそこからチンポをゆっくり抜くのが見えた。

柔らかくなっているのに、自分の勃起したモノより長く太く見えて、何だか怖くなった。

マサが麻美さんに何か話しかけだしたので、自分はそろそろ逃げないとまずいと思ったけど、マサも今から帰ろうとしているなら外で見つかってしまうかもしれなくて一歩も動けなかった。


麻美さんの声がうっすら聞こえたのでそっと見ると、マサのチンポはまた大きくなっていて、その先の部分を麻美さんが咥え込まされて、声にならない声を上げているのだった。

でもすぐにマサは麻美さんを立ち上がらせ、おっぱいに吸い付いた。

谷間に顔が埋まるほどのおっぱいをマサは揉みながら、乳首を音を立てて吸ったり噛んだりしているようで、麻美さんはそのたびにビクッと身体を震わせている。

おっぱいを攻めながらマサが麻美さんのあそこにも指を擦ったり射し込んだりすると、麻美さんは泣いているような声を出しながらしゃがみこんでしまい、急にだっと駆けだしてこちらに向かってきた。

僕は心臓が爆発したような気がするほど驚いて、後ろに下がりながら腰が抜けたように座り込んだ。

一瞬気絶したような感じになって意識がはっきりすると、さっき聞こえたセックスの音がすぐ近くで聞こえてきた。

麻美さんはここまで走ってくる前に捕まってしまい、また挿入されているらしく、生々しい2人の息づかいとばっちんばっちんぐちゃぐちゃという音が襖一枚隔てたところから聞こえてくる。

やめればいいのについ覗いてしまうと、マサの背中とその向こうに正常位でおっぱいを揺らされている麻美さんの上半身があった。

AVで見る同じくらいの大きさのおっぱいは水が入っているような揺れ方だったけど、麻美さんのは丸みのあるおっぱいの形のままでぶるんぶるんと大きく揺れていて、乳首がそのたび規則的な線を描いているのがなんだか現実離れしたもののように見えた。

麻美さんは目を瞑っていたけど、もし開いたら見つかってしまうのではないかと気づいて、僕は音を立てないように見つからないよう祈りながら逃げ出した。

その日の夜は眠れなくて、さんざん抜いた後で麻美さんはどんな気持ちだろうかと心配したり、麻美さんの親にバレたりしてないだろうかと窓から隣の様子を伺ったりした。

次の日、急に会いに行かなくなるのも不自然だと思って麻美さんの部屋を訪ねると昼前なのに寝間着のままで、昨日の外出で疲れたみたいだと笑った。

僕はなるべく昨日の事を意識しないよう我慢してたけどやっぱり麻美さんの身体に目がいってしまう。

昨日この身体とマサはセックスしたんだと思うと、僕もせめて触りたいなどと思ってしまい、その日はいつもよりうまく話も出来なかった。

彼は私の腰に手を回し、前から

私は、強姦に遭った事があります。

私は31歳になる主婦、3歳と5歳の子供と夫37歳と暮らしています。

初めて強姦に遭ったのは今から2年位前でしょうか。

その日、私は子供の面倒を夫にお願いし、友人と会っていました。

話も弾み、夕食を済ませてから帰宅したんです。

夜21時を回っていたでしょうか、夜道は人気も無くヒッソリとしていました。

そんな中、高校の門口付近に数人のガラの悪い男性が数人、タバコを吹かしながら集まっているのが見えたんです。

少し恐怖心を抱きながら足早に通り過ぎようとした時、声を掛けられたんです。

「お姉さん!遊んでいかない??」

明らかにおちょくった感じだったので、無視したんです。

それがいけなかったんでしょう、彼らの1人が近寄って来て

「無視かよ。いい度胸しているなぁ」

と歩みを止められました。

驚いていると手を掴まれ、校門の中に連れ込まれたんです。

口を押えられ、声を出す事も出来ませんでした。

相手は大柄の男性3人。

抵抗など無意味で、力ずくで奥地の部室らしき部屋に連れ込まれました。

「お願い!許して!」

そんな言葉は彼らには全く無意味で、彼らは私の衣服を剥ぎ取ったんです。

両手を後ろに縛られると、彼らは私の身体を嬲り始めました。

涙ながらに

「許して」

と言う事しか出来ませんでした。

唇を奪われ、胸を散々弄んだ挙句、彼らは下半身を剥き出しにしました。

「もう、ヤラれるんだわ」

そう諦めた瞬間、家族の顔が頭に過ぎったんです。

「あなた………ごめんなさい」

そう心で謝っていました。

彼らがマンコに触れた時です。

「何だ!この女感じてやがんの!」

「どれどれ!本当だ、ダラダラじゃね~かよ」

彼らの言葉にハッとしました。

こんな状況でも感じているなんて………私は、部屋の中央のテーブルに上半身を押し付けさせられ、足を大きく開かされたんです。

そして、1人目の男性のチンポをマンコに押し当てられました。

「お願い!中に出さないで下さい」

そんな言葉を発したと同時に、押し広げられる感触が体に伝わって来ました。

彼のチンポは夫の物より大きいと直ぐに分かりました。

ゆっくりとしたテンポで出し入れされ、もう1人には胸を触られ、私は感じている事を実感したんです。

彼はだんだん動きを速め、的確に子宮を突いて来るので、逝きそうでしたが必死に我慢したんです。

そんな私を見透かしたかのように、彼は私の腰に手を回し、前からクリトリスを刺激し始めたんです。

もう我慢も限界でした。

彼の口から

「あ~いく」

と言う言葉が出た時には、私はガクガクと震え逝ったんです。

そして茫然とした中、子宮に熱いモノとヒクヒクする感触を感じたんです。

そう、彼は私の中に精液を………。

悲しむ暇も無く、次の男性のチンポが押し入れられてきました。

まだ逝ったばかりで落ち着かない所に激しい刺激が加わり、私は2度目の絶頂を迎えていました。

ヒクヒクする身体を見た彼らは、もう私に抵抗する事は無いと思ったんでしょう、手を縛っていたロープを外してくれたんです。

それと同時に、彼はチンポを抜き私を抱き上げると下からチンポを突き上げて来ました。

彼に上下に揺さぶられる度に、子宮に先端が激しく辺り先程以上の刺激が体を襲い、3度目の絶頂が訪れました。



そうして、全員のチンポを受け入れ終わった時には、6度の絶頂と潮を吹き上げていました。

立ち上がる事が出来ない位疲れた私の身体を横目に、彼らは部室から出て行ったんです。

涙ながらに部屋の隅にあったティッシュで体を拭き、衣服を着て校庭隅の椅子に座り、色々考えていました。

「警察に行くべき?でもそうしたらここに住めなくなる………夫は許してくれない?家庭崩壊!」

色んな事が頭を過ぎり、心の中にしまう事を決めました。

家に着いた時には23時を回っていました。

夫が心配して起きていましたが、"友人と話し込んでしまった"と言うと、"楽しかったんなら良いんじゃない!"と言ってくれました。

その事が起きてからは、夜間の外出が怖くて出来ませんでした。

ただ、夫との性行為が淋しく感じてしまうんです。

淡白な夫は挿入時間も短く、私は逝く事が出来ないんです。

イケない事と感じながらも、彼らに犯された時の刺激が忘れられなかったんです。

そうして強姦されてから半年が過ぎようとし、私の心も大分癒されたころでしょうか?

子供を幼稚園に送り届け、1人歩いている時でした。

尿意を覚え、近くの公園のトイレに入ったんです。

小さく古いトイレは男女兼用でした。

急いで大の部屋に入ると、間もなく男の人の声が聞えました。

男性は2人で、用を足しながら話し込んでいたんです。

中々出て行かないので、そっと戸を開けると、ガラの悪い男性に驚いてしまいました。

「あっ」

男性の1人が声を出した直後、私は押し戻されるように、トイレの中に………。

「奥さん久し振り!」

驚きました。

私を襲った1人だったんです。

「また頼むよ!」

そう言うと彼は私を便器に押し付け携帯の画面を見せて来たんです。

「凄い写真だろ、これで何度抜いた事か!」

驚きました。

私が全裸で後ろから付かれている写真です。

彼は、私のスカートを捲り上げると、ストッキングとパンティを脱がせ片足を便器に乗せさせたんです。

「お前、ちょっとそこで見張っててくれ」

「大丈夫なのか?ヤバくね」

「大丈夫!この奥さん、俺の知り合いだから」

そう言って、彼はズボンを脱ぎチンポを出したんです。

昼間見る彼のチンポは、やはり夫の物とは比べようが無い位大きかったんです。

イヤイヤ言いながら、私は感じていました。

すっかり濡れたマンコに彼は

「やっぱり奥さん淫乱だね!濡れてるよ………犯されてんのに」

そして、チンポの先端を差し込んで来たんです。

ゆっくりとテンポのいい出し入れ!私は、以前の強姦を思い出していました。

彼は前と同じく、腰に回した手でクリトリスを刺激し、間もなく私は絶頂を迎えたんです。

トイレという、公共の場で私は犯され感じているんですから変態です。

彼に私は2度逝かされ、友人にも逝かされ潮を吹きました。

便器を潮で汚した姿を、また写真に収める彼。

ハァハァ息を荒らしている私を横目に、彼らは足早に去って行きました。

ロリのサンプル動画が見放題!

男のチンポを手に取ってペロペロと舐め

今から5ヶ月前に入社して来た真理子が、レイプされるのを目撃しました。

仕事は、教材の訪問販売で、真理子の指導係を私がする事になりました。

真理子は、今年大学を卒業して小柄の童顔で可愛い女性です。

会社の方針で、出張先で新人教育を行い、実戦していきます。

今回の出張先は、鹿○島県で宿泊先は、市内でイベントがあるためホテルが取れず古い旅館になりました。

出張メンバーは、私を含めて10人ですが、みんな宿泊が分散されて、私と真理子だけで宿泊になりました。

部屋もふすま一枚で仕切っていて隙間から真理子が着替えているのをよく覗きました。

覗きをして分かりましたが、真理子は、ノーブラで寝ます。

私の部屋を暗くして覗きをしているので、真理子には、気付かれないので、真理子のエロい下着姿とか、おっぱいを

見てチンポをしごいています。

出張3日目に、真理子は、トラックの運転手にレイプされました。

訪問販売なので、帰りが遅くなります。

真理子がレイプされた日は、午後10時に私は、帰って来ました。

旅館の駐車場に車を止めると、もう真理子の営業車が止まっていて大型のトラックも止まっていました。

朝、旅館を出るとき、従業員から宿泊客は、私と真理子含めて3人と聞いていたので、宿泊客は、トラックの運転手だと

思いました。

車から出るときに、真理子から電話があり10時30分までが、女風呂の時間なので入っていいかの電話です。

私は、遅くなるので先に入ってゆっくりする様に言いました。

私は、裏に回って風呂場を覗きに行きました。

窓の隙間から覗くと、真理子のが丁度入って来ました。

真理子は、小柄ですが、おっぱいは推定86cmぐらいで、乳首もピンクで綺麗です。

私は、真理子のおっぱいを揉んだり舐めたりしたい気持ちを抑えてチンポをしごきました。

真理子が、湯船に浸かっていたら、風呂場の戸が開いて大柄の男が入って来ました。

真理子「キャ~」

男「誰か入っているなと思ったけど、こんなかわいい姉ちゃんが入っているとは、ラッキーやー」

真理子「あの・・・この時間は、女性の時間なので・・・出てください。」

男「そうかー悪いなー 」

男は、お構いなしに、真理子が浸かっている湯船に入っていきました。

真理子「出ていって・・・」  

男「あー出て行くから俺のチンポをしゃぶってくれよー」

男は、真理子の口元に勃起したチンポを近づけました。

真理子「・・・イャです。」

男「姉ちゃんー 俺を怒らせたいんかー 痛い目に会いたくないだろー ほらーしゃぶれー」

男は、真理子の頭を掴み無理やり口にチンポをねじ込みました。

真理子「いゃ~うぅ~ン~うぅ~」

男は、真理子の頭を放すと観念したのか真理子は、自分から首を振ってフェラをしています。

男「姉ちゃん気持ちいいなー 俺のデカいチンポうまいかー」

真理子「アァ~ジュパジュパジュパ~あぁ~~~おぃ~しいです。」

真理子は、男のチンポを手に取ってペロペロと舐めてタマタマまで舐めています。

男「気持ちいいドー 」

男は、真理子のおっぱいを揉み始めました。

真理子「ダメ~~~イィ~~~ん~~~~やめて~~~」

男「あぁー姉ちゃん気持ちいいーいくどー(*≧Δ≦)(*≧Δ≦)(*≧Δ≦)(*≧Δ≦) 俺の精子全部飲み込めー」

男は、真理子の口に口内発射して真理子は、飲み込みました。

男は、真理子の手を引っ張っていき、今後は、体を洗わせて終わると2人は、出て行きました。

私は、旅館の中に入って、自分の部屋にいきました。

真理子は、部屋に戻っておらず、どこにおるのか探したら、すぐに分かりました。

男の部屋に真理子は、いました。

男の部屋から真理子の官能的な声が聞こえてきます。

私は、隣の部屋がカギをかけてないのを確認して部屋に入って、ふすまの隙間から覗くと、男と真理子は全裸で、

真理子が、バックで犯されていました。

真理子「アァ~あん~あん~もう~~ゆるして~うぅ~~ゆるして~・・・・・」

男は、容赦なく真理子を犯しています。

男「姉ちゃん、本当は、犯されて気持ちいいやろー 気持ちよくなるまで犯すどー 」

真理子「あぁぁぁ~・・・本当は気持ち~いぃ~です~」

男「なら、姉ちゃんの名前を言ってもっと犯してくださいと言えよー」

真理子「・・・うふ~ん~あはぁ~んそんな~~ゆるして~真理子をもっと犯してください~」

男「真理子をもっともっと犯してやるからなー 真理子は、ドスケベ女やなー」

真理子は、この後三回真理子を犯して解放された。

翌日、男は早く旅館を後にしました。

真理子は、スーツ姿で朝のミィーテングやってきてが、朝方まで犯されていたので、お疲れモードだ。
最新記事
 
Twitter
えっちな話大好き
読者登録
  • ライブドアブログ